Q&A


法律相談についてよくあるご質問をまとめました。

Q&AQ&A

弁護士に相談するようなことかどうかよくわからないのですが…

Q&AQ&A

まずは電話やメールでお気軽にお問い合わせ下さい。
弁護士が事情を伺い、
必要に応じて適切な相談先を案内させていただきます。

Q&AQ&A

相談・依頼をするには、紹介者が必要ですか?

Q&AQ&A

当事務所では、紹介者は必要ありません。

Q&AQ&A

相談者のプライバシーは守られますか?

Q&AQ&A

弁護士には、法律上の守秘義務があります。
ご相談の内容が他に漏れることは一切ありませんので、ご心配なく何でもお話し下さい。

Q&AQ&A

電話やメールでの法律相談は行っていますか?

Q&AQ&A

当事務所では、直接お会いした上でご事情を伺い、法的アドバイスをさせていただいております。
電話やメールでの法律相談は行っておりませんので、ご了承下さい。

Q&AQ&A

出張して相談していただくことは可能ですか?

Q&AQ&A

原則として事務所へお越しいただいておりますが、健康上の問題などで来所が困難な場合は、出張相談も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

Q&AQ&A

相談すると、すぐに事件として依頼をしなければいけないのでしょうか?

Q&AQ&A

そんなことはありません。
まずはご相談いただいた上で、依頼するかどうかをご検討下さい。
ご依頼を希望される場合には、費用のお見積りをさせていただき、ご納得いただいた上で事件をお引き受け致します。

Q&AQ&A

法律相談の際に何を持参すればよいでしょうか?

Q&AQ&A

ご相談に関連するお手持ちの資料をお持ち下さい。
また、ご本人であることを確認するため、免許証等の身分証をご持参下さい。

Q&AQ&A

依頼を受けられない場合はありますか?

Q&AQ&A

明らかに見込みのない訴え、暴力団や反社会的勢力に与する訴えなど、弁護士の職務倫理上不相当と認められる事件については、受任をお断りすることがあります。
また、同じ事件の相手方から先に事情を伺っている場合にも、依頼をお受けすることができません。
その他、個々のケースに応じて、他のより適切な機関を紹介させていただく場合もあります。

» ページトップに戻る


裁判制度についてよくあるご質問をまとめました。

Q&AQ&A

弁護士に依頼したいのですが、裁判をすると何年もかかるのでしょうか?

Q&AQ&A

事件の解決方法は、裁判だけではありません。
交渉で迅速に解決できる場合もありますし、裁判手続中に話し合いをして和解が成立することもあります。仮に判決で決着をつける場合でも、最近は手続がスピーディになっていますので、多くの場合は、数ヶ月から1年程度で判決が下されます。

Q&AQ&A

裁判所から突然書類が届いたのですが、どうすればよいでしょうか。

Q&AQ&A

その書類が訴状の場合は、絶対に放っておいてはいけません。
そのままにしておくと、あなたの主張を述べる機会も与えられずに、欠席裁判で敗訴してしまいます。
できるだけ早く弁護士にご相談下さい。
(なお、最近では架空請求の可能性もありますが、この場合は、裁判所に電話確認すればすぐに虚偽と判明します)

Q&AQ&A

裁判には、私も出なければなりませんか?

Q&AQ&A

いいえ。
家事調停等の手続を除いて、裁判の大部分は、弁護士が代わりに出頭致します。和解や尋問のためにお越しいただく場合もございますが、せいぜい1回程度ですので、ご心配はいりません。

» ページトップに戻る